MENU
main-metal

Jazz Metal

世界一のマウスピースを作る

Gottsuは、世界一のマウスピースを作るという大きな目標があり、それを形にしたのが『Gottsu Sepia Tone Jazz Metal』です。 『Gottsu Sepia Tone Jazz Metal』は、ジャズを愛する全ての人たちのために生まれたマウスピースです。 『Gottsu Sepia Tone Jazz Metal』は、古き良き時代のサウンドを完全に再現すると同時に、吹き易さを追求した世界最高峰のマウスピースだと自信を持って 皆様に紹介いたします。

ダークさや柔らかい音色はまさに極上!

パワーとレスポンスを持ちながら、ダークさや柔らかい音色はまさに極上! サブトーンを効かせた図太くダークでJazzyな低音と、暖かく響きのあるサウンドをぜひ体感してください。 本当の自分の音を探すことは全てのミュージシャンにとって最も大事なことです。 そして、本当に自分が欲しい音色に出会うまでは何年もかかることもあります。 サックス奏者としての経験を持つ私が、あなたに最高の逸品を提供します。 『Gottsu Sepia Tone Jazz Metal』で、あらゆる感情表現や音域を実現し、あなたが思う通りに演奏して欲しいと思っています。 私はこの芸術作品があなたに最高の喜びを与えることを約束します。 音楽の多様な可能性を楽しんでください!!

設計、加工、仕上げまで自社工場で

目指したのは、オット・リンク スーパー・トーン・マスター ニューヨーク ダブルリングを超えるマウスピース! それはとても難しく、研究開発の日々が続きました。 コピーだけでは超えられないと思い、参考にしつつも、とことんオリジナルにこだわりました。 ビークの角度やRや長さ、テーブルの角度、チャンバー、シャンク、レールなどすべてバランス良く計算し、設計から加工まで全て自社で行なっているからこそ実現できたこだわりの逸品です。 素材は真鍮です。一口に真鍮と言っても実に様々な素材がありますが、その中で一番響きが良く、良い音色の素材を選びました。 更にシルバープレート仕上げで、バイトプレートはエボナイトというこだわりです。

一本一本真心を込めて手仕上げしています。
ハンドメイドですので、細かい傷などある場合がございます。

小松雄大 
長年フロリダを使ってきて、その古さゆえの手が届かないところが 最新の後藤さんの技術によってGottsu Sepia Tone Jazz Metalとして甦ったようで、 これは新たな可能性のあるマウスピースだと強く思いました。 特にヴィンテージを探している方は、このマウスピースでその探す旅も終わるでしょう。 マークシックスの一桁番台のような厚みのあるヘビーな楽器との愛称もバッチリ。 今の新しい楽器とも相性が良いでしょう。 後藤さんの新しい技術で、吹奏感、操作性、コントロール音程が申し分ないマウスピースになったと思います。 音色は長年使っていたフロリダリンクと比べて違和感もなく、音量があるのにダークで柔らかく、深みのある響きで、今まで出会った中で最高のマウスピースです。 ルックスもカッコ良く、特にバイトプレートは最高です。

栗原 健 
最高に気に入っています! 既にライブでも録音でも使っていますがバッチリですよ! 上から下まで楽に息が入るし、コントロールもすごく良いです。 ダークめで深みのある音色とパワーが僕好みです。 今まで使った中で一番吹きやすいマウスピースなので、出来なかったフレーズも出来そうです。 これからが本当に楽しみです。

MALTA

柔らかく太くテナーの欲しい 音色が出てくる。
ひと吹きで、すぐにリスポンスする 反応の良さが気にいった。
高音あたりのあのノイズが テナーサウンドとして欲しい音質が得られるのも 気に入ったー。

Gottsu Studio



テーブルが曲がっている。レールが左右非対称。つくりが荒い。通常では考えられないのですが、 アーティストをはじめ、多くの人々の心を掴んでやまない伝説のマウスピースがあります。じゃじゃ馬みたいで初心者では少し手に負えないマウスピースですが、 その暴れ具合をコントロール出来るととてもすばらしい音色のとりこになります。 車で言うとマニュアルトランスミッションでしょうか。オートマティックで楽に走るのではなく、走る楽しさを追求する方のために、 私はこれまで多くのマウスピースをリフェイスしてきました。 特にこのじゃじゃ馬マウスピースのビンテージ品は、柔らかい素材のため、とてもデリケートで、よい状態のものは少ないといえます。 そのマウスピースをリフェイスで極上に仕上げるたびに、その魅力に取り付かれました。 そのマウスピースを最大限によい状態に持っていくと、とても吹きやすく、コントロールがしやすいマウスピースに変身します。 おそらく皆様は、このマウスピースの本当の本質を知らず、エッジが立つブライトなマウスピースの印象が強いと思いますが、実はダークな部分も兼ね備えており、とても魅力的なマウスピースなのです。

真鍮でこのマウスピースを作ることができないかと常に考えて来ましたが、真鍮は素材の持つ固有振動数が高い音域に反応するので、細い音色になりがちでした。試行錯誤の末、マウスピース自体の重量を減らす目的で、マウスピースに溝を掘ってみたのですが、この溝の深さや形状により真鍮特有の固有振動数が分散されて、多くの倍音を含むマウスピースを作ることに成功しました。

また、このマウスピースにはラバーマウスピースに近いテーブル角度を採用しています。テーブルの角度はマウスピースを設計するうえで非常に重要な要素の一つですが、ほとんどのメタルマウスピースはネックと水平に近いテーブル角度を採用しています。これは、できるだけ径の小さい素材から作るほうが経済的に安く作れるからです。ラバーマウスピースに近いテーブル角度を採用することにより、ティップ先端をできるだけマウスピースの中心になるように設計しています。結果、息の通りがよく、音がストレートに管に伝わるようになりました。

 

Studio Metalは、ハイバッフルでありながら、ダークで柔らかい音と倍音を多く含んだマウスピースです。

 

ボディーサイズはデュコフと同じです。

リガチャーはデュコフ用またはソプラノラバー用か使えます。

Gottsu Metal HL


※HLはロストワックスのため、細か巣穴がある場合がございます。

Alto HL

ハイバッフルですが、得に吹きやすく、 いろいろなジャンルで演奏が出来るマウスピースです。

吹き方によっていろいろな音色が楽しめます。

33,480円(税込)

Tenor HL

特に重量感のある音色です。 やさしく吹くとハイバッフルとは思えない渋い音色です。

吹き方によっていろいろな音色が楽しめます。

42,120円(税込)

Soprano HS

コンプレッションホールを持つことにより、 ハイバッフルでありながら、 まとまりのあるサウンドを持ちます。

フュージョン、ジャズ向き

32,400円 (税込)

/ Tip Opening

HL Metal Mousepiece

HL Model56789
Tenor HL 2.25mm2.4mm2.6mm2.85mm
Alto HL1.8mm1.9mm2.0mm2.1mm 
Soprano HS1.4mm1.5mm1.6mm1.7mm 

Voice / お客様の声