MENU

Sepia Tone VI Custom

Sepia Tone VI Customは既存の VI よりも明るくて音量のあるモデルです。少ない息でも楽に音が出るようになっています。ジャズというよりはフュージョン向きで、メタルが苦手な方でもメタルのようなパワフルな音が出せます。  

 

このモデルはたくさんの方々、特にプロサックスプレーヤーからラバーのハイバッフルのマウスピースを作って欲しいという熱いご要望を受け、私も好奇心があったためSepia Tone VI Customを作りました。バリトンはVIをハイバッフルにしてロングシャンクにし、VIよりボディとレールは太めです。テナーは一から見直し、ハイバッフルだけどラージチェンバーで低音の音も出しやすくしました。アルトは中身のデザインはMetalHL2018とほぼ同じですが、素材が違うのでそれに合わせたプログラム調整をしており、外側のレールは太めにつくっています。

—後藤将彦—  

 

種類: バリトン、テナー、アルト

オープニングサイズ: 

バリトン (6,7,7☆8),

テナー (6,6☆,7,7☆,8,8☆,9,10), 

アルト (5,6,7,8,9,) 

※㎜サイズ表はこのページの一番下にあります。

素材 : エボナイト 

チェンバー形状: 丸形(バリトン、テナー)、かまぼこ型(アルト)

バッフル : ハイバッフル

音色と特徴:明るい、パワフル、メタルに負けないエッジとパワー、 

スタイルフュージョン、ジャズ、ポップス、

推奨リード:天然素材のリード 

 

写真集

動画

バリトンサックスに限らず…サックス奏者の皆様へ 

マウスピース(以下MP)の悩みは、限り無い事ではないでしょうか? 
・低音はGoodなのに、フラジオが鳴りにくい 
・普段はエッジ・太さ共にGoodなのに、少し息入れると音が散ってしまう 
・1人で吹くとご機嫌なのに、バンドに入ると自分の音だけ地味だなぁ 

演奏していると様々ありますが、市販の(特にバリトン)のMPでは、なかなか上手くいきません。 
ゴッツの【セピアVI】は お手頃価格で全てを兼ね揃えたMPです。フラジオはどこまでも鳴りそうだし、ピアニシモからフォルテシモ・上から下まで音色がバッチリです。ピッチコントロールも抜群で、息をかなり入れても嫌味な音色にならずレコーディングも、ライブもこのMP1本でバッチリです。是非、使ってみてください。 
 
                         つづらのあつし 

  
VI Custom Baritone


バイノーラル録音です。是非ヘッドフォンで聞いてください。生の音に近い録音です。

Tip Opening

header_facebook youtube header_instagram > English

株式会社Gottsu

〒242-0025 神奈川県大和市代官2-4-1
TEL 046-205-3612 / FAX 046-205-3618
当サイトはリンクフリーとなっています。御自由にリンクしてください。

Copyright c 2020 The Original Hand Crafted Mouthpiece GOTTSU All rights reserved.