MENU
003reface

あなたのマウスピース               私が責任をもって調整いたします

ヴィンテージマウスピースなど

長く使ったマウスピースは、フェイシングの立ち上がりとテーブル部分が削れてきます。
これはメタルマウスピースでも避けられない現象で、
長く使ったマウスピースはフェイシングが長くなっている事が多いです。
これをほんの少し整えてあげるだけで、マウスピースはよみがえります。

新品マウスピースなど

ほとんどのメーカーのマウスピースは最後の仕上げが機械任せの場合がほとんどです。
機械仕上げは、ばらつきが少ない反面、繊細な仕上げとは程遠い場合があります。
ばらつきが少ないとはいえ、マウスピース選定などあり、全く無いわけではないのです。
リフェイスすることで選定以上のマウスピースの性能を引き出します。

独自に考案している、Gottsu理論(Gチューン)

Gottsu理論とは、力学と人間工学を総合した独自理論です。
これにより、マウスピースの吹奏感や音色、さらにコントロール性が向上します。

 


Gチューンの証にGの刻印を入れます。
※刻印なしは受け付けていませんのであらかじめ
  ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

まずは無料でマウスピース診断

まずは、ご連絡ください無料診断をいたします。
連絡無しで送っていただいても結構ですが、不具合などメモをしていただけますようお願いいたします。
info@gottsu.jp

正確なオープニング計測

→これはデジタルダイアルゲージで100分の1ミリまで
 正確に測定できるゲージです。実際のオープニングを測ります。

0点をあててセットしてからから測定開始!
まずはセンターを測り、左右のオープニングも測ります。
左右のオープニングを測ることで、テーブルとティプレールの
ねじれを測定します。
左右のねじれは0.05ミリ以内が、理想です。

左右のフェイシングの長さを測定

ガラスゲージに0.05ミリのシックネスゲージをあてて、
フェイシングの長さを測定します。
理想は当然左右の長さが同じということがわかりますよね。

マウスピースの状況判断

テーブルをすかして見ると、
細かい凸凹と真ん中に大きなへこみがあります。
テーブルにへこみがあると、マウスピースとリードの密着が悪くなります。
また、リガチャーの閉め具合でTip Openingやフェイシングの長さが変わり、
安定しません。無駄な抵抗感や、息の通りが悪くなる原因のひとつです。
平らなテーブルが理想的であると私は考えています。

実演奏と最終診断

これで無料診断は終わりです。
マウスピースの状態を判断した上で、 必要であれば修正箇所や不具合などを見積もりいたします。
そのままで問題のないマウスピースであれば、着払いにて発送いたします。
修正が必要なマウスピースは連絡の上、返事を頂いてからの作業になります。

reface_pct_06 
Gチューンの証にGの刻印を入れます。
※刻印なしは受け付けていませんのであらかじめ
  ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

マウスピースリフェイスのほんの1例です

price / 料金について

基本見積もり表

 ラバーメタル
マウスピース診断無料無料
基本料金
(テーブル処理、レール調整 ※Gチューン)
9,500円(税別)10,500円(税別)
Tip Opening変更(1サイズアップ)↑3,500円(税別) 5,500円(税別)
Tip Opening変更(1サイズダウン)↓3,500円(税別)

 5,500円(税別)

ボア調整 3,500円(税別)
バイトプレート交換 5,500円(税別)
シャンクリング 7,500円(税別)
内部サンドブラスト処理 2,000円(税別)
  

 

メッキは別途となります。納期の目安はプラス1週間です。また、メッキをしない前提のリフェイスでは、限られた条件のもとでのリフェイスとなります。予めご了承ください。後日メッキを依頼する場合は単純にメッキ代だけではございません。改めて見積もりをいたします。またマウスピースの種類によって、バイトプレートの変形や、溶解の恐れのあるマウスピースがございます。この場合バイトプレート交換5,500円(税別)となります。マウスピースの表面の状態によっては、メッキをかけてもきれいにはなりません。なお、錆がひどいマウスピースの場合は、別途下処理の請求をさせていただく場合がございます。

メッキ代
Mouth pieceSopranoAltoTenorBaritone
銀メッキ

10,500円(税別)

11,500円(税別)12,000円(税別)12,500円(税別)
金メッキ11,500円(税別)12,500円(税別)13,000円(税別)13,500円(税別)

量産のマウスピースには、テーブルやレールに横模様の細かい凹凸がある場合がほとんどです。
またテーブルも大きくへこんでいる場合がありますが、これがかなりのロスにつながると私は考えます。
横溝がある場合は、職人が最後に調整したり、吹いて点検したとは考えにくいものです。
専門の職人が手間をかけると、それだけ値段が上がってしまうのも事実です。ここでいうGチューンとは、テーブルや レールを修正してマウスピースが持っている本来の状態を100パーセント引き出す考えです。
また長く使って磨り減ったマウスピースは「低音が出にくい」「息が詰まる」などの現象があります。
この場合も上記同様、テーブルやレールを修正してマウスピース本来の状態を100パーセント引き出す考えです。
残念ながらメタルマウスピースなど、メッキをする前に細かく調整されていないマウスピースも存在します。
メタルマウスピースの場合、調整によりテーブル、レールのメッキがはがれます。
※価格を改定し、基本料金が先端特殊技術加工標準になりました。
+R(先端特殊加工) とはリードの振動をより効果的にするため、ティップレールに特殊加工するGチューンの最新技術 です。
他社製品のバイトプレートのみの交換は致しません。ご了承ください。

リフェイスマウスピースは代引き手数料440円!

→リフェイス完了後、できるだけ早く皆様のお手元にお届けできる様に発送は出来る限り代引きでお願い致します。
 もちろん銀行振り込みでもOKですので、代引きで不都合がある場合はメールでお知らせください。

リフェイスマウスピース送料、料金表

関東・東海・信越・北陸・南東北北東北・関西中国四国北九州・南九州・北海道
770円880円990円1,100円1,210円

※沖縄はゆうパックにて発送いたします。送料1,350円
※リフェイスマウスピースは代引き手数料440円とさせていただきます。

オープニングアップについて

→オープニングアップは一般的に先端部分を削って広げると思われがちですが、それでは音色がスカスカになって
 しまったり、マウスピース全体のバランスが崩れてしまいます。
 私(Gottsu)はその方法とは別の特殊な方法で、オープニングサイズをあげます。

マウスピースを送っていただく場合の注意・・・

マウスピースを送る前に、メールまたは電話でご連絡ください。
できる範囲で構いませんので、きれいに清掃してください。
リフェイス依頼シートをご記入の上、マウスピースと一緒にお送りください。
リフェイス依頼シート⇒PDF エクセル

必ずマウスピース単体をクッションシートに包んでください。
リガチャー、キャップは必要ありません。


リガチャーやキャップに関しては、必要な場合のみこちらからご連絡いたします。
マウスピースにリガチャーをはめ、さらにキャップをすると一見頑丈そうですが、
マウスピースが移動の振動で、キャップと接触します。
メタルマウスピースの場合は、マウスピースが重いことから先端を傷つけたり、
最悪変形してしまいます。
また、輸送中にリガチャーやキャップに破損があった場合には、弊社では責任を負いかねます。予めご了承ください。

必ずご連絡先を書いて下さい。
お見積りの場合は文章で状態をお伝えするので、
メールまたはFax番号もお忘れなく。

【発送先】
〒242-0025 神奈川県大和市代官2-4-1
株式会社 Gottsu宛
電話:046-205-3612

Q&A / リフェイス

作業日数はどれくらいかかるのでしょうか?

混み具合やマウスピースの状態にもよりますが、通常であれば1週間程度です。
メタルなど全体メッキが必要な場合は2週間ほどかかる場合がございます。
忙しいときは3か月かかる場合もございますので、事前にお問い合わせください。

全体メッキはどこでメッキしていますか?

全体メッキは日本電鍍工業でお願いしています。

全てのマウスピースがリフェイスできますか?

サックス、クラリネットのマウスピースが対象ですが、下記のマウスピースはできない場合がございます。
①アルミなどのアルマイト処理をしているマウスピース
②ガラス製や陶器でできているマウスピース
③素材が柔らかすぎるマウスピース
 (柔らかすぎる素材は簡単に鳴りますが、根本的にマウスピース素材に向いていません)
④素人がいじり過ぎているマウスピース

⑤偽物または正規品でないマウスピース(偽物か本物か無料診断致します。)

※昨年の春から他社様(オットリンクのスラント、メイヤーブロスなど)のビンテージマウスピースが出回っているようです。ご注意ください。

⑥アンチモン、鉛など有毒な素材で出来たマウスピース

⑦3Dプリンターで作られたマウスピース

メッキ代はいくらですか?

料金表をご参照ください。
銀メッキ、金メッキ以外はメッキ屋さんに聞かないとわかりませんので、見積もりには時間がかかります。

メッキによっての音色の差は?

基本的には銀は明るく、金は落ち着いた感じです。あくまでも傾向ですので、実際にやってみないとわかりません。

メッキをかけずに後日メッキをかけることはできますか?

メッキをしないと数日で酸化します。後日メッキをする場合は、再度リフェイス後(別途3,240円)メッキに出します。

工場に直接持っていき、調整をお願いしたいのですが?

リフェイスするマウスピースが数十本溜まっている場合もありますので、基本的にはその場での診断、リフェイスは致しません。ご了承いただきますようお願いいたします。

header_facebook youtube header_instagram > English

株式会社Gottsu

〒242-0025 神奈川県大和市代官2-4-1
TEL 046-205-3612 / FAX 046-205-3618
当サイトはリンクフリーとなっています。御自由にリンクしてください。

Copyright c 2020 The Original Hand Crafted Mouthpiece GOTTSU All rights reserved.